untitled.
tumblrダウンで、暇人が激増
ある掲示板に「NECはOBのための会社になってる」と書き込みがあったが、よく考えると、日本の全体がOBのための社会になったように感じる。
L’Arc~en~CielはSJIS波括弧問題とシングルクォートに由来する各種脆弱性や不具合を一発で検出できる優秀なテストデータ。
Twitter / @fukken (via gkojax)
9gag:

Goodbye my friend!

9gag:

Goodbye my friend!

以前「ナチの党大会みたいな群衆心理に絶対に引っかからない人間いますかねえ?」門倉直人氏に聞いたところ「いる。外部との同調不可能な人間。つまり統合失調症患者」社会全体として見ると彼らは一種の警報装置であり、狂人を完全に排除した社会ほど恐ろしい/狂ったものはないのだそうだ。

catsbeaversandducks:

Meerkats make the best photographer’s assistants EVER.

Via BuzzFeed

東大寺が被災地に寄付するために一億円借金したと聞いて、それ返済に何十年かかるのって思ったけど、「1300年前の大仏建立の時に宮城県から献上された砂金を使った縁がある」とか言い出して「ああ何十年とかいう単位じゃないんだこの人たちの時間スケール」と変に納得してしまった。

siamparagon:

suyhnc:

otsune:

6469.jpg

山地酪農牛乳やその製品をはじめて飲んだり食べたりする人が一様に言うのが、

「きっと濃厚で美味しいんでしょうね!」

ということ。でも、それは間違いだ。山に放って草を食べさせたものは、ごくあっさりとした牛乳になる。それはそうだ、濃厚な餌を与えていないんだもの。だからあっさり、さっぱりした味わいになる。

元来、濃厚なものはハレの日のご馳走である。そんなのを毎日飲む必要はない。いまの日本は毎日がハレの食卓になってしまっているのが問題でもある。米も肉も麺も牛乳も野菜も、インパクトのある、甘い、ねっとりした、コクのあるものがいいとされる。でもそんなのが全てになってしまったら食文化の崩壊だ。

ほんものはあっさり、軽い。

それが真実だと思う。

やまけんの出張食い倒れ日記: 出雲の国の可愛い牛達に逢いに行く 木次乳業のブラウンスイス種の牛はやっぱり愛らしい! (via seiichirou) (via ssbt) (via aya18) (via ichimonji) (via yaruo) (via mxcxrxjapan) (via quote-over100notes-jp) (via mikanthecat)

北海道の酪農家が「3.6とかそういうよくある乳脂肪分を実現するには、(本来草食である牛の食物ではない)トウモロコシの飼料を失明するぐらいいっぱい食わせないといけなくて、なんでそんな事になってるかというと、米国がトウモロコシ飼料を輸出するために決めた基準だからだ」と言ってたな。

(via odakin) (via sytoh) (via aerogenerator) (via theemitter) (via vitan) (via sasatakeyo) (via itutune) (via ibi-s) (via deli-hell-me) (via gkojax) (via yaruo)

(via ouchchic) (via boxman9999) (via kzgwss)

(via mekarauroko)